《 塾長について 》

《塾長紹介》
このHPをご覧いただきありがとうございます。たくと塾長、谷加拓之(たにかひろゆき)です。

プロフィール
大学卒業時より、大手専属のプロ家庭教師として18年教鞭をとる。高校入試対策、大学入試対策に限らず不登校、身体障害、学習障害、社会人指導と経験も多岐に渡る。専門は文系科目、特に現代文と英語、小論文指導を得意とする。

平成22年中能登町の自宅を改造し塾開業。平成27年春に完全独立して頼れる中能登町の学習塾を目指し指導を継続中。社会勉強重視のイベントも数多く実施。

現在、通塾だけではなくネット機器やスマホをフル活用したネット塾により、ネット塾生も増加中。同時に身体障害者の学習サポートや社会人の資格支援サポート、脳トレを用いた思考力トレーニングにも力を入れている。現在は4GAKU会グループの協力校として、提携校での出張講師や高校生コースのアドバイザーとして活動。石川県の高校入試だけでなく、大学受験対策に関するノウハウも数多く、近年の成績として国立大学に合格する生徒も増加中。

好きな言葉
切磋琢磨、因果応報、温故知新

料理と情報収集が得意。週末は出張指導で奥能登から金沢を幅広く移動。平日は塾で指導の3パターンが主に塾長の活動になっている。統計学と素質論を学習指導に取り入れることが塾を始めてからの新しい指導スタイル。様々な学習方法や話題になった道具や情報なりを吟味して、家庭学習のプロになることを一番の夢とする。趣味は旅行とドライブ。美味しいものや岩盤浴が最高の気分転換。

塾長の指導スタイル
授業型という一斉指導は通常行っていません。図書室で見る自習スペースを想像してください。その空間で、アドバイスヒントが必要な時についてくるのが拓杜です。希望に沿った形で各自の取り組みを優先サポートしています。

20150622-134631.jpg