石川県公立高校入試倍率(2018年2月)出ました。能登地区珍しい

中能登町にある個人指導塾拓杜です。

いよいよ、公立入試の倍率(2018)が出ました。変更期間もあるので確定ではありませんが、能登方面は珍しく羽咋高校•七尾高校が比較的ゆるい定員オーバーです。中学校の先生が躍起になって散らすとしたら、羽咋工業・七尾東雲の1学科なのではないでしようか。近場の普通校、鹿西がほぼ定員通りの一名オーバーに達しています。

しかし根強い人気高校である羽咋工業志望者は、願書出した生徒の大半が私立高校合格しており、なかなか散らすのは難しいでしょうね。若干名の鹿西移動は可能性があります。

同様に能登エリアでは田鶴浜高校が、人気が高く予想通りの定員オーバです。看護に特化した学科は、金沢や加賀エリアからでも志望する生徒がいます。正直、誰かが他に移ってほしいということが本音でしょう。

久々に意外だったのは七尾東雲の総合ですね。鹿西が人数カットによる影響が出たと推測できます。七尾東雲に進学する前提の学習を続けて、この時期に至った生徒たちが多ければ、今さら進路や学習が異なる鹿西移動は考えないでしょう。

 

七尾高校•羽咋高校は、あまり激しい倍率は見受けられないですが、それでも定員オーバーの競争が発生します。高得点というよりは、ミスをしない対策に残りの期間は費やした方が良いでしょう、ミスが多い受験生が消えていきます。

私の塾では、ある程度の目安は全員クリアしていますので、変更なしで頑張るのみです。受験生のみなさん、慎重な最終決断を!

Follow me!